ここから本文です

「本当に悔しい」…敗退の責任感じる塩谷、OAの難しさを吐露「気負いすぎた」

SOCCER KING 8月11日(木)13時15分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第3戦が10日に行われ、日本はスウェーデンと対戦。試合はMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)がゴールを決め、1-0で日本が大会初勝利を収めた。しかし、同時刻に行われていた試合でコロンビアがナイジェリア勝利したため、日本のグループステージ敗退が決定した。

 試合後、DF塩谷司(サンフレッチェ広島)は「すごくこのチームが好きだったし、何とかしてチームの力になれたらと思ってプレーしていましたけど、結局全然チームの力になれず本当に申し訳ないなと思います。日に日にチームとしてやれているという感覚をつかみながらやれている中で、こうやって敗退してしまって本当に悔しいです」と、大会全体を振り返った。

 グループステージ敗退となってしまったことについては「初戦に勝っていればとか引き分けていればとか、2戦目で勝っていればとか、結局そういう風になってしまうけど、それは自分の力だと受け止めたい。実際、1試合目と比べると3試合目は非常にチームとしてすごく良いサッカーができていたと思うし、日本代表として見ている人たちに何かを伝えられたんじゃないかと思います。だからこそ勝ち上がれなかったことが悔しいし…悔しいです」と話し、大会初戦となったナイジェリア戦を悔やんだ。

 塩谷は、FW興梠慎三(浦和レッズ)、DF藤春廣輝(ガンバ大阪)とともにオーバーエイジとして今回のリオ五輪に臨んだ。「テグさん(手倉森誠監督)にオーバーエイジとして呼んでもらって、こういう舞台で戦わさせてもらったことに感謝したいですね。いろいろな選手がいる中で自分を呼んでくれたのに、その期待に答えられなかったのは本当に申し訳ない。でも、こうやって世界の舞台を経験できたことは絶対に自分の糧になると思うので、今後自分がもっともっと上のレベルで絶対に力を出して、いつかテグさんに会った時に『シオを呼んで良かった』と言ってもらえるような選手になりたいと思います」と、手倉森監督への感謝の気持ちを口にした。

 オーバーエイジとしてのプレッシャーを「やっぱり意識しました」と語った塩谷。「初戦とかも気負いすぎたのかなと思う。初戦が終わったあとにオーバーエイジだけを集めて、(手倉森監督が)『お前らは責任を感じなくていいから。責任を取るのはオレだから』って言ってくれて、肩の荷が下りたじゃないですけど、それで気持ちが楽になった。それが2戦目、3戦目のプレーにつながったんじゃないかなと思います」と続け、試合を重ねるにつれてプレーを改善できたと振り返った。

SOCCER KING

最終更新:8月11日(木)13時15分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。