ここから本文です

決勝点の矢島、気持ち切り替え今後へ抱負「この経験を無駄にしない」

SOCCER KING 8月11日(木)14時17分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第3戦が10日に行われ、日本はMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)の得点でスウェーデンに1-0と勝利。しかしながら、同時刻に行われていた試合でコロンビアがナイジェリアに勝利を収めたため、日本のグループステージ敗退が決定した。

 スウェーデン戦で後半途中から出場し、決勝点をマークした矢島は「やるのが遅かったし、2戦目に結果を残せなかったという意味では、まだまだ全然ダメ。3戦目で1点取れたことは良かったですが、やることが遅かったという感じです」と、悔しさを滲ませた。

 得点シーンについては「大島(僚太)くんのボールが良かったし、本当に当てるだけだった。そこに入って行ったことは自分としては良かったし、でも、パスが良すぎたかなと思います」と、アシストしたMF大島僚太(川崎フロンターレ)のプレーを褒めた。

 また、グループステージ敗退が決まったことについて「点を取ったときは本当に嬉しかったけど、終わったあとは初戦も2戦目も悔いが残る試合だったので悔しかった。でも、オリンピックという大会に出たことを無駄にしたくないので、この経験を無駄にしないように個人的に這い上がって行きたいなと、そういう気持ちが強かったです」とコメント。すでに気持ちを切り替え、今大会の経験を糧にしていきたいと先を見据えた。

 初戦のナイジェリア戦に途中出場、2戦目のコロンビア戦ではスタメンに名を連ね、後半途中までプレーした矢島。「初戦がこういう大会は大事だってわかっていたけど、また痛感させられた。2戦目は入ったと思ったシュートがGKに止められたり、自分たちが主導権を握っているなかでも相手がワンチャンスを決めてくる。トゥーロンでも経験しましたけど、そこが日本が世界大会で上手くやっていけないところなのかなと思います」と、世界との差を改めて感じたと口にした。

 さらに、「球際の強さと言ったらありきたりですが、どうやって身体を入れるとか、そういうところを日本人は考えてやらないとフィジカルの差は埋まらないと思う。一人一人がフィジカルを上げていくのは当たり前のことだし、身体が小さいままでは勝てない。どうやって相手のゴールを奪うのかを考えるのが日本の良さだと思うので、しっかり守備のところでもやった方がいいと思いました」と分析し、日本の課題について明言した。

 今大会で手応えを感じた点について問われると、「点を取れたことは良かったし、2試合目もチャンスに顔を出せていたので、そこで決められる選手になれるか。そういうのが上手い選手、上に行っている選手だと思うので、勝負強さの必要性を感じました」と、個人の課題についても冷静に分析した。

 リオ五輪での敗退を最後に、世代別代表としては解散することになったU-23日本代表。U-19日本代表の時からコンスタントに選出され続けてきた矢島は「本当にまとまりの良いチームだったし、もっと勝って上に行きたかったです。オマーンから始まって、U-19の頃から負け続けてきて、(リオデジャネイロ・オリンピックの)最終予選では優勝することができた。自分がその一員だったことは、たぶんこの先のサッカー人生で一番のものになってくるんじゃないかと思う。この経験を、感じたものを示していくのはこれからの自分の力次第、意識の問題だと思うので、這い上がって行きたいなと思います」と、力強く今後の抱負を語った。

SOCCER KING

最終更新:8月11日(木)14時17分

SOCCER KING