ここから本文です

悔いの残る敗退…指揮官への感謝を語る中島「テグさんにメダルを取らせたかった」

SOCCER KING 8/11(木) 15:11配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第3戦が10日に行われ、日本はスウェーデンと対戦した。試合はMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)がゴールを決め、1-0で日本が大会初勝利を収めた。しかし、同時刻に行われたコロンビア対ナイジェリアの試合でコロンビアが勝利したため、日本のグループステージ敗退が決定した。

 3試合全てに先発出場したMF中島翔哉(FC東京)はまず、「すごく悔しいです」と落胆の一言。中島が「完敗したわけではない」と話すように、ナイジェリア戦、コロンビア戦ともに僅かな差で勝ち点3を掴むことができず、余計に悔しさが増すこととなった。

「どんどんこの(五輪の)環境や相手に慣れて、試合を支配することはできてきた」と語るように、日本は試合を重ねるごとに安定感を増していた。それだけに初戦のナイジェリア戦については「本当に今まであんな試合はなかった」と驚きを持って振り返り、「そういう意味では信じられない試合をしてしまったのでもったいなかった。もったいないというか、悔しい終わり方」と、最終戦で勝ちながらもグループステージを突破できなかったことを悔やんだ。

 2014年1月のチーム発足時から主力としてプレーしてきた中島は、チームを率いた手倉森誠監督について「テグさんがいなければ今の自分はいない」と感謝の想いを語る。所属するFC東京では出場機会が限られていたが、指揮官は中島の才能を信じて起用し続けてきた。それだけに人一倍「(手倉森監督に)メダルを取らせたかった」という想いは強いが、「これから先、より上のレベルに上がることによって、またテグさんも喜んでくれると思いますし、また一緒にサッカーできたら良いと思います」と恩師にさらなる成長を誓った。

SOCCER KING

最終更新:8/11(木) 15:11

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報