ここから本文です

ミランがTIMカップ3連覇逃す…本田は初戦フル出場、第3戦は途中出場

SOCCER KING 8月11日(木)15時41分配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミラン、サッスオーロ、セルタの3チームが参加したTIMカップ(トロフェオTIM)が10日に行われた。

 同大会は3チーム総当たり戦で、試合は45分間のみ。引き分けの場合はPK戦となる。45分以内の勝者は勝ち点3、PK戦勝者が勝ち点2、PK戦敗者には勝ち点1が与えられる。

 ミランは第1戦でセルタと対戦。試合は90分をスコアレスで終え、PK戦に突入する。フル出場した本田は4人目のキッカーを務めたが、中央へ蹴り込んだシュートは相手GKにセーブされた。PK戦は、後攻のセルタが4人目までに2人失敗したのに対し、先攻のミランが5人中4人成功して勝ち点「2」を収めた。

 PK戦に敗れたものの、勝ち点「1」を得たセルタは第2戦でサッスオーロと激突。14分に挙げたデヤン・ドラジッチのゴールが決勝点となり、1-0で勝利を収めた。

 第3戦はミランとサッスオーロの対戦。開始5分、10分にエムバイェ・ニアンが立て続けにゴールを奪い、2点先行する。だが、18分にディエゴ・ファルチネッリのゴールで、サッスオーロに1点差とされると、32分にマッテオ・ポリターノ、40分にマルチェッロ・トロッタに失点を喫し、2-3の逆転負けを喫した。なお、本田はベンチスタートだったが、21分からスソとの交代で再びピッチに立った。

■第1戦
【スコア】
ミラン 0-0(PK戦4-2) セルタ

■第2戦
【スコア】
サッスオーロ 0-1 セルタ

【得点者】
0-1 14分 デヤン・ドラジッチ(セルタ)

■第3戦
【スコア】
ミラン 2-3 サッスオーロ

【得点者】
1-0 5分 エムバイェ・ニアン(ミラン)
2-0 10分 エムバイェ・ニアン(ミラン)
2-1 18分 ディエゴ・ファルチネッリ(サッスオーロ)
2-2 32分 マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
2-3 40分 マルチェッロ・トロッタ(サッスオーロ)

 全3試合の結果、PK敗戦と1勝で勝ち点「4」のセルタが今年のTIMカップを制覇。ミランは2014年、2015年に続く3連覇を逃した。

SOCCER KING

最終更新:8月11日(木)15時41分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。