ここから本文です

「テグさんを男にしたかった」…亀川、“集大成”のリオ五輪敗退を悔やむ

SOCCER KING 8/11(木) 14:56配信

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ最終節が10日に行われ、日本はMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)のゴールで1-0で勝利。しかし、ナイジェリアに勝利したコロンビアがグループ2位通過を決め、日本は敗退が決定した。

 試合後、スウェーデン戦で今大会初のフル出場を果たしたDF亀川諒史(アビスパ福岡)は、「集大成というところで、テグさん(手倉森誠監督)を本当の男にしたかった」と、結果を残せなかったことを悔やんだ。

 大会を振り返って、「このチームが解散してしまうっていうのは、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。個人としても今日の1試合しかほとんど出れなかったので悔しさが残る大会だったなと思います」と、チームとしても個人としても悔しい大会になったと口にした。

 手倉森誠監督がこの世代を初めて率いた、2014年にオマーンで開催されたAFC U-22アジアカップ2013から選出され続けてきた亀川。「今日の1試合しか出られなくて、このチームのスタメンを取りきれなかったので、自分の能力の低さを改めて実感しました。でも、自分のサッカー人生ここで終わるわけではないですし、やっぱりこういう舞台でサッカーをするのは楽しいというのは今日の90分で思う気持ちがあった。次に活かすにはA代表というのがあると思ってるので、そこを自分自身目指していきたい。この2年半、自分の中では非常に大きな財産になったと思います」と語り、A代表を今後の目標にしたいと明言した。

SOCCER KING

最終更新:8/11(木) 14:56

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合