ここから本文です

アルゼンチンがGL敗退…D組はポルトガルとホンジュラスが決勝T進出

ゲキサカ 8月11日(木)8時36分配信

 リオデジャネイロ五輪の男子サッカー競技は10日、グループリーグ最終節を行った。D組はポルトガル代表とホンジュラス代表が決勝トーナメント進出を決めた。

 2連勝で最終節を迎えたポルトガルは、2連敗で最下位のアルジェリアと対戦。前半25分、PKを獲得したポルトガルはFWゴンサロ・パシエンシアがきっちり決め、先制点を挙げる。同30分にアルジェリアに同点とされたが、そのまま1-1で引き分け、勝ち点1を獲得したポルトガルが首位通過を決めた。13日の準々決勝ではC組2位のドイツと対戦する。

 2位ホンジュラスは勝ち点3で並ぶ3位アルゼンチンと対戦。前半アディショナルタイム4分にホンジュラスはFWアルベルト・エリスが倒されてPKを獲得するも、MFブライアン・アコスタのキックはGKヘロニモ・ルジに止められてしまう。それでもホンジュラスは後半27分に再びエリスが獲得したPKを、今度はFWアントニー・ロサノがしっかり決め、先制に成功する。

 後がなくなったアルゼンチンは、後半アディショナルタイム3分にPA手前左でFKを得ると、MFマウリシオ・マルティネスが蹴ったボールが壁に当たってコースが変わり、同点のゴールネットを揺らす。だが、逆転には至らず、得失点差でホンジュラスが8強入りを決めた。準々決勝ではC組1位の韓国と対戦する。

 以下、グループD順位表と第3節結果

【順位表】
1.☆ポルトガル(7)+3
2.☆ホンジュラス(4)0
3.アルゼンチン(4)-1
4.アルジェリア(1)-2

アルゼンチン 1-1 ホンジュラス [ブラジリア]
アルジェリア 1-1 ポルトガル [ベロオリゾンテ]

最終更新:8月11日(木)17時29分

ゲキサカ