ここから本文です

日本初勝利も他力では決勝T難しく…主将遠藤「この経験を糧に」

ゲキサカ 8月11日(木)9時19分配信

[8.10 リオデジャネイロ五輪 B組第3節 日本 1-0 スウェーデン サルバドル]

 リオデジャネイロ五輪日本代表は10日、スウェーデン代表とのグループリーグ最終戦に臨み、1-0で勝利した。3戦目にして大会初勝利を挙げた日本だが、勝ち点4では決勝トーナメントに届かなかった。

 やはり他力では難しかった。日本が勝利しても、ナイジェリアがコロンビアを相手に引き分け以上の結果を残さなければ、日本の敗退が決まる状況。すでに2連勝で首位通過を決めているナイジェリアに、予選突破へ向け必死に向かってくるコロンビアを負かせというのは酷だった。2-0で勝利したコロンビアは勝ち点を5に伸ばし、同4の日本を抑えて2位で決勝Tに進んだ。

 リオ世代最後の試合となってしまったスウェーデン戦。最終戦を勝利で飾ったが、悔しさだけが残る結果に終わってしまった。主将としてチームを牽引し続けたMF遠藤航も「突破できなくて残念。結果が伴わなかったので、悔しい気持ちでいっぱいです」と唇をかむ。

 しかしこの経験をクラブそしてA代表での活動に繋げなければならない。遠藤は「この経験を糧にしていかないといけない。この五輪チームはここで終わりますけど、個人個人のプロサッカー選手としての生活はまだまだある。この悔しさを無駄にせず、努力を進めて、一人ひとりが成長していければいい」と話した。

最終更新:8月11日(木)17時44分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]