ここから本文です

ネイマールも続け! メッシ&スアレス弾でバルサがPSMを勝利で締めくくる

ゲキサカ 8月11日(木)9時56分配信

[8.10 ジョアン・ガンペール杯 バルセロナ3-2サンプドリア]

 バルセロナは10日、ジョアン・ガンペール杯でサンプドリア(イタリア)とカンプ・ノウで対戦し、3-2で勝利した。プレシーズンマッチを勝利で締めくくったバルセロナは、14日にスペインスーパー杯第1戦でMF清武弘嗣が所属するセビージャと対戦する。

 バルセロナは前半16分、MFアンドレス・イニエスタが浮き球パスをゴール前に送ると、FWリオネル・メッシが胸トラップからバイシクルパス。ゴール前に走り込んだFWルイス・スアレスがヘッドで押し込み、先制に成功する。さらに同21分、MFイバン・ラキティッチがダイレクトで上げたクロスをPA右でメッシが受けると、飛び出したGKを冷静にかわして無人のゴールに流し込んだ。

 直後の前半23分に鮮やかなダイレクトパスで中央を突破され、1点を返されたバルセロナ。それでも同34分にバイタルエリア中央でFKを獲得すると、メッシが左足で放ったシュートが壁を越えてゴール左隅に突き刺さり、3-1で前半を折り返した。

 後半16分、バルセロナはイニエスタやラキティッチ、DFジェラール・ピケらを下げて、シャビの6番を継承したMFデニス・スアレスや新戦力のMFアンドレ・ゴメス、DFサムエル・ユムティティらを投入する。同21分、メッシのパスをPA左で受けたMFアルダ・トゥランがコントロールシュートを放ったが、惜しくもクロスバー直撃で追加点とはならなかった。

 すると、後半32分にFWアンテ・ブディミルに1点を返され、サンプドリアに1点差に詰め寄られたが、バルセロナが3-2で逃げ切り勝利。一方で、リオデジャネイロ五輪のブラジル代表で2試合連続無得点と苦戦を強いられているFWネイマール。メッシとスアレスに続いてゴールを奪い、ブラジルを勝利に導けるか――。ブラジルは決勝トーナメント進出をかけ、日本時間午前10時キックオフでデンマークと対戦する。

最終更新:8月11日(木)9時56分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。