ここから本文です

本田、真ん中に蹴り込んだPKは失敗…ミランはティム杯最下位に終わる

ゲキサカ 8月11日(木)14時15分配信

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは10日、ティム杯を行い、1勝1敗で3チーム中最下位に終わった。

 ティム杯は45分形式の3チームによる総当たり戦。今年はミランとサッスオーロ、セルタが対戦した。

 ミランは初戦でセルタと対戦。本田は先発出場した。試合は0-0で決着がつかず、PK戦に突入した。本田は4人目のキッカーを務め、真ん中に蹴り込んだが、GKに止められてしまう。それでもミランはGKディエゴ・ロペスが足で2本を止め、PK4-2で勝利した。

 サッスオーロ戦では4分にFWエムベイェ・ニアンがPKを決め、ミランが先制に成功する。さらに12分に右からのMFスソが折り返したボールをニアンが左足で押し込み、リードを広げた。18分には1点を返され、21分に本田を投入したが、悪い流れを止めることができず、さらに2失点。2-3で逆転負けを喫した。

 セルタとサッスオーロは1-0でセルタが勝利。45分勝利が勝ち点3、PK戦の勝利が勝ち点2、PK戦の敗北が勝ち点1という計算だったため、勝ち点4のセルタが優勝し、同3のサッスオーロが2位、同2のミランが最下位となった。

最終更新:8月11日(木)14時17分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]