ここから本文です

アーセナル、ペップ・シティ構想外のボニーに40億円のオファー準備か

ゲキサカ 8月11日(木)16時45分配信

 アーセナルがマンチェスター・シティのコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニー(27)に興味を示しているようだ。英『デイリー・スター』によると、ボニー獲得に向けて3000万ポンド(約40億円)のオファーを準備しているようだ。

 ワールドクラスのストライカー獲得がここ数年の課題となっているアーセナルだが、いまだ実現には至っていない。さらにアーセナルはDFペア・メルテザッカーとDFガブリエウ・パウリスタが負傷し、EURO2016に参戦していたフランス代表DFローラン・コシルーニーは練習に復帰したばかりで、開幕戦は欠場する見込み。センターバックの補強が急務といわれている。

 FWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)やFWアルバロ・モラタ(レアル・マドリー)らの獲得が噂されているアーセナルだが、今回シティのボニーをリストアップした模様。在籍した2シーズンで公式戦70試合35得点を記録し、15年1月にスウォンジーからシティに加入したボニーだが、期待された活躍をみせることができず、今季からシティを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督の構想外となっている。そのため、今夏の移籍が噂されていた。

最終更新:8月11日(木)16時45分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。