ここから本文です

クリントン氏、トランプ氏を6ポイントリード-ブルームバーグ調査

Bloomberg 8月11日(木)4時15分配信

米大統領選をめぐる最新の世論調査では、民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官と共和党候補ドナルド・トランプ氏の2者対戦の場合、投票に行く可能性の高い有権者の間でのクリントン氏の支持率がトランプ氏を6ポイント上回った。クリントン氏が民主党全国大会後に得た勢いを維持していることが示された。

この全米世論調査はブルームバーグ・ポリティクスが実施したもので、クリントン氏のリードは民主党全国大会の翌週に実施された一部世論調査よりは小さい。また二大政党以外の候補者を含めた場合では、クリントン氏のリードは誤差の範囲近くに縮まる。

この調査結果は、トランプ氏の強みの一つであるビジネスの専門知識に対する有権者の見方が悪化していることを示唆している。投票に行く可能性の高い有権者の間では61%が、トランプ氏のビジネス感覚について選挙キャンペーン開始時ほど感銘を受けていないと答えている。

クリントン氏とトランプ氏の2者対戦では、支持率はクリントン氏が50%、トランプ氏が44%。リバタリアン党のゲーリー・ジョンソン氏と緑の党のジル・スタイン氏を含めた4者対戦では、クリントン氏は44%、トランプ氏は40%となっている。

原題:Clinton Up 6 on Trump in Two-Way Race in Bloomberg National Poll(抜粋)

John McCormick

最終更新:8月11日(木)4時15分

Bloomberg