ここから本文です

ブラジル株(10日):反落、商品相場安を受けてヴァーレなどに売り

Bloomberg 8月11日(木)9時34分配信

10日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は反落。ヴァーレやブラジル石油公社(ペトロブラス)など商品関連銘柄の下げが目立った。

ボベスパ指数は前日比1.3%安の56919.78で終了。米エネルギー情報局(EIA)統計で米原油在庫が3週連続で増加し原油相場が下落したことを受け、ペトロブラスは2.7%下げた。また鉄鉱石価格が下落する中、鉄鉱石生産のヴァーレは3.7%安。住宅建設のシレラ・ブラジル・レアルティは約6週間ぶりの大幅安。発表した決算がアナリスト予想を下回った。

証券会社レローザ・インベスチメントスのアナリスト、ビトール・スザキ氏は「鉄鉱石価格の下落がヴァーレ株への重しとなった」と指摘。「ブラジル株は週間ベースで8週連続値上がりしており、利益確定売りも出た」と述べた。

ブラジル上院はこの日、ルセフ大統領弾劾手続きの最終審理に進むことを採決で決定。ボベスパ指数はこれを受けて一時、前日比0.5%上昇する場面もあったが、その後は終始マイナス圏で推移した。

原題:Brazil Commodity Producers Lead Stocks Lower as Materials Slump(抜粋)

Aline Oyamada

最終更新:8月11日(木)9時34分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]