ここから本文です

トレーダーらのボーナス削減、従来予想ほど大幅にはならない見通し

Bloomberg 8月11日(木)12時27分配信

米ウォール街の多くのトレーダーやディールメーカーの今年のボーナス原資は、数カ月前に予想していたほど大きく縮小しない可能性がある。報酬コンサルティング会社ジョンソン・アソシエーツが10日のリポートで指摘した。

リポートによると、債券セールスとトレーディングの担当者のインセンティブ報酬は今年、10-15%減少する可能性がある。5月時点では15-20%の落ち込みが予想されていた。企業のディールを担当するバンカーの報酬減少は5ー15%の見込み。5月時点の予想(10ー15%減)に比べると若干楽観的な見通しとなった。

ジョンソン・アソシエーツの創業者でマネジングディレクターのアラン・ジョンソン氏は電話インタビューで、「2、3カ月前ほどネガティブではない」と説明。例えば、英国の欧州連合(EU)離脱決定は下期の収入を従来見込んでいたほど大きく損なわない可能性があるとし、「事態は幾らか落ち着いている」と述べた。

原題:Bonus Cuts for Traders, Dealmakers Now Seen Easing Just Slightly(抜粋)

Laura J Keller

最終更新:8月11日(木)12時27分

Bloomberg