ここから本文です

【柔道】羽賀龍之介 100キロ級「準々決勝」進出

東スポWeb 8月12日(金)0時14分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ11日発】柔道男子100キロ級で2015年世界選手権王者の羽賀龍之介(25=旭化成)は3回戦でブザカリニ(ブラジル)に優勢勝ちし、準々決勝に進出した。

 相手が羽賀の内股を嫌ってか、なかなか組んでこない嫌な展開。相手にはかけ逃げ気味の背負い投げもあって、羽賀は攻め手が見いだせない。それでも、3分30秒でブザカリニが「指導」を受け、羽賀がリード。得意の内股は決まらなかったものの、順当に勝ち上がった。

 羽賀の父・善夫さん(53)も柔道のトップ選手だった。父は五輪出場を果たせなかっただけに、リオの畳の上で父の分まで暴れ回れるか。

最終更新:8月12日(金)0時14分

東スポWeb