ここから本文です

ファーストキャビン、関空に3月開業

Aviation Wire 8月12日(金)9時18分配信

 旅客機のファーストクラスをイメージした簡易宿泊施設「ファーストキャビン」を運営するファーストキャビン社は、2017年3月に関西空港に新店舗「ファーストキャビン関西空港(仮称)」を開業する。

 LCC用の第2ターミナルへ向かうバスターミナルがある「エアロプラザ」内に開業。部屋数は153室で、客室の種類は既存店で展開している部屋やベッドが広めの「ファーストクラス」(広さ4.4平方メートル)と、標準的な「ビジネスクラス」(2.5平方メートル)。

 既存店と同じく男女別の宿泊施設のほか、大浴場やラウンジなどを設ける。コンセプトは「和」で、訪日客の利用も想定した内装を施す。

 ファーストキャビンは2009年4月に1店舗目の大阪・御堂筋難波店がオープン。2012年4月に都内初出店となる3店舗目の羽田店をオープンした。2017年1月に日本橋横山町店(東京都中央区横山町6-16)、3月には京橋店(東京都中央区京橋2-7)と長崎店(長崎市銅座10-9)の開業を予定している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月18日(木)8時58分

Aviation Wire