ここから本文です

東京五輪はサンフレ指揮の森保一監督就任が有力 手倉森監督はA代表コーチ復帰も

デイリースポーツ 8月12日(金)5時1分配信

 日本協会の田嶋幸三会長(58)は10日(日本時間11日)、リオ五輪日本代表を率いる手倉森誠監督(48)の去就について言及し、A代表コーチへの復帰を要請する意向をあらためて示した。

 スウェーデン戦後に報道陣の取材に応じ、「技術委員会の考えもあるが、代表チームということで考えている」と話した。A代表は9月からW杯最終予選を控えており、手倉森監督の帰国後、早急に話し合いの場を持つ。

 手倉森監督の五輪代表監督としての契約は8月31日まで。14年8月からU-21代表監督とA代表コーチを兼任し、15年10月からリオ五輪に専念するためA代表コーチを離れていた。手倉森監督は試合後、「一回休んで、自分がどういう針の振れ方をするのか確認してみたい。今はそこ(A代表)に対してすぐにアンテナを向けられる状況じゃない」と心境を明かした。

 20年東京五輪世代にあたるU-19代表は10月に翌年のU-20W杯出場を懸けたU-19アジア選手権(バーレーン)を控えている。新たなチーム立ち上げはそれ以降となり、監督候補にはJ1広島の森保一監督が有力候補に挙がっている。

最終更新:8月12日(金)5時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]