ここから本文です

フレイザーが8アンダーで飛び出す 片山と池田は11打差50位発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月12日(金)4時32分配信

◇リオデジャネイロ五輪 初日◇オリンピックGC(ブラジル・リオデジャネイロ)◇7128yd(パー71)

112年ぶりの五輪はやはり雰囲気が違う!現地直送「リオ五輪」フォトギャラリー

112年ぶりに正式競技に復活したオリンピックのゴルフが開幕。34カ国60人が4日間競技でメダルを争う男子の初日、オーストラリアのマーカス・フレイザーが9バーディ1ボギーの「63」(パー71)をマークし、8アンダーで単独首位に立った。

3打差の5アンダー2位には、7月の全英オープンを記録的なスコアで制したスウェーデンのヘンリック・ステンソンと、前回の金メダル獲得国カナダ(1904年セントルイス大会、ジョージ・シーモア・ライオン)のグラハム・デラエがつけた。



4アンダー3位には、4番で五輪史上初となるホールインワンを記録したジャスティン・ローズ(英国)、アレックス・チェイカ(ドイツ)、グレゴリー・ボーディ(フランス)、トーマス・ピータース(ベルギー)、ラファ・カブレラベロー(スペイン)の欧州勢5人が並んだ。さらに1打差の9位には、韓国のアン・ビョンフンら2人。

ほかに世界ランク上位勢では、スペインのセルヒオ・ガルシア、アメリカのマット・クーチャーが2アンダー11位。今年のマスターズを制したイギリスのダニー・ウィレットはイーブンパーで27位。世界6位のバッバ・ワトソンは2オーバー42位、同8位のリッキー・ファウラーは4オーバー56位と出遅れた。

日本代表は、片山晋呉が2バーディ3ボギー1ダブルボギー、池田勇太が1バーディ4ボギーで、いずれも「74」の3オーバー。首位とは11打差の50位発進となった。

最終更新:8月15日(月)8時58分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)