ここから本文です

<リオ五輪速報>柔道男子100kgで羽賀が銅メダル 「苦しくしんどかった」

THE PAGE 8月12日(金)5時16分配信

柔道の男子100kg級の決勝が11日(日本時間12日)、現地で行われ、羽賀龍之介(25、旭化成)が銅メダルを獲得した。羽賀は、攻めることができずに、準々決勝で敗れたが、敗者復活戦から3位決定戦に進出。3位決定戦は、アルチョム・ブロシェンコ (ウクライナ)との争いになったが、寝技で1本勝ちした。

 3位決定戦は、組み手争いから両者が技につなげることができずに開始1分でともに指導。羽賀は、その直後に内股を仕掛けたが潰された。2分過ぎには、ブロシェンコに指導が与えられた。羽賀は、連続攻撃から寝技に持ち込み、最後は三角締めで1本勝ちを手にした。


 初戦となる2回戦は、エフゲニス・ボロダフコ (ラトビア)を得意の内股で投げて1本勝ち、3回戦は、ラファエル・ブザカリニ(ブラジル)に残り1分をきったところで指導が与えられ、薄氷勝利。準々決勝は、ルカシュ・クルパレク (チェコ)との対戦になったが、両者ともに技によるポイントはなく、前に出ることができなかった羽賀は、2つの指導を取られて敗退した。敗者復活戦に回ったが、ベカ・グビニアシビリ (ジョージア)を指導一つの差で下して3位決定戦に進出していた。

 羽賀は、左膝を痛めて最後の代表選考会となった4月の体重別を欠場。5月に入って練習を再開していたが、左膝の回復状況は思わしくなく、ベストの状況でリオ五輪の畳に立つことができていなかった。 

「目標が金メダルだけだったので、モチベーションがなくなったときに苦しかったのですが、終わってみれば、メダルがあるとないとでは大きく違うので、銅メダルでも取れて良かったと思います。内股が(相手に)わかられているので苦しかったし、しんどかったのですが、どんな形でも勝とうと。結果的に寝技ですが、勝てて良かったです。こうやって気持ちを切り替えられたのも、メダルを取らねばという思いと、いろんな人が見ているという思いがありましした。メダルの色は違いますが、銅メダルの経験を生かして、今後も、みなさんの応援していただけるように頑張りたいです」

 試合後、羽賀は、悔しさと喜びの狭間の複雑な表情を浮かべて、こう語った。
   

最終更新:8月12日(金)6時0分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]