ここから本文です

地元のサルバドールハクイが押し切り重賞初V/くろゆり賞・笠松

netkeiba.com 8月12日(金)16時42分配信

 12日、笠松競馬場で行われた第45回くろゆり賞(3歳上・ダ1600m・1着賞金250万円)は、好位でレースを進めた東川公則騎手騎乗の3番人気サルバドールハクイ(牡6、笠松・伊藤強一厩舎)が、3コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、2着の5番人気ヴェリイブライト(牡6、愛知・川西毅厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒5(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に1番人気バズーカ(牡4、兵庫・田中範雄厩舎)が入った。なお、2番人気アップアンカー(牡6、愛知・原口次夫厩舎)は7着に終わった。

 勝ったサルバドールハクイは、父サウスヴィグラス、母ホウライホーセキ、その父スペシャルウィークという血統で、重賞初制覇。また、鞍上の東川公則騎手はこの勝利で地方競馬通算2500勝を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
◆サルバドールハクイ(牡6)
騎手:東川公則
厩舎:笠松・伊藤強一
父:サウスヴィグラス
母:ホウライホーセキ
母父:スペシャルウィーク
馬主:山下定良
生産者:北俣ファーム
通算成績:32戦7勝(JRA25戦4勝・重賞1勝)

最終更新:8月12日(金)16時42分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ