ここから本文です

小池都知事の定例会見 (8月12日、全文2)改革本部の実働は9月初旬から

THE PAGE 8月12日(金)17時20分配信 (有料記事)

都政改革本部の人数と設置時期などについて

産経新聞:幹事社、産経新聞のイトウです。まずは幹事社から質問をさせてください。先ほど説明のあった都政改革本部なのですが、その外部識者の方、第1弾という言い方をされておられましたけれども、最終的にはこれ、何人ぐらいの想定なのかということと、また設置の時期ですね、初会合の時期というのがいつぐらいを想定されてるのかと。

 それとあともう1点、都の出資法人も対象にするという発言がありました。これについては当然、そのオリパラに関していえば大会組織委員会なども対象に入ってくるのでしょうかというのを確認をさせてください。お願いします。

小池:まずは皆さま方に顧問という形に、今回の5名の方々もそうでありますが顧問に任命をさせていただくということであります。全体の人数についてはこれからも課題に応じて、専門の分野において参考になる方々という形で、別に何名という限定はされておりませんので、その時々に判断をいたすことといたします。

 それから時期でありますけれども、今日は第1弾で発表させていただきました。改革本部そのものの実働ということになりますと今、これからこの5名の方を中心に役所のほうのヒアリングなども含めて、また連携を含めて、実質9月初旬からの実働ということになろうかと思いますが、その準備のためにはもうすぐにでも活動していただこうと、このように考えております。

 それから対象でありますけれども、これについてはご指摘のように東京五輪組織委員会ですね。これも東京都の外郭団体であることには変わりはございませんのでその対象になるということであります。よって、都政に関わる全ての対象ということになろうかと思います。

産経新聞:ありがとうございます。幹事社からは以上です。各社、質問をお願いします。また、質問の際には社名と氏名を名乗るようにしてください。お願いします。では、どうぞ。

小池:レディファースト。

IWJ:ありがとうございます。インターネットメディアIWJのキセキと申します。よろしくお願いいたします。2日ほど前、8月10日に知事、こちらの都庁において、築地市場・有志の会、守ろう!築地市場パレード実行委員会という2つの市民グループがこちら、政策企画局総務部知事秘書担当課長の大野さんに要請書を渡しました。そちらはお受け取りになりましたでしょうか。

小池:はい。受け取りました。というか、あとでご報告を受けました。はい。

IWJ:まだものはご覧になっていないということで。

小池:まだ、報告を受けました。はい。

IWJ:はい。本日のヒアリングにはそちらの2つのグループの方々にもお声掛けはされたということでしょうか。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:8,760文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8月12日(金)17時51分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。