ここから本文です

築地市場の豊洲移転問題 市場関係者が小池都知事と初の意見交換

THE PAGE 8/12(金) 21:37配信

THE PAGE

 11月7日に予定されている築地市場の豊洲への移転問題に関連し、築地の市場関係者は12日午後、東京都庁を訪問し、小池百合子都知事と意見を交換した。来庁したのは、豊洲への移転の延期を求める築地市場関係者と、予定通りのスケジュールでの移転を求める同市場関係者ら。都知事が同市場関係者と直接の意見交換を行うのは、これが初のケース。非公開だった意見交換が終了した後、両者は記者団に対してそれぞれの持論を主張した。

【中継録画】小池百合子・東京都知事の定例記者会見 (2016年8月12日)

 豊洲への移転延期を求める同市場関係者のうち、水産中卸業者の関戸富夫氏は、「豊洲新市場は使い勝手を含め、いろいろと懸念がある。築地の弱点は温度管理面。豊洲はそれができているので本当は行きたい。完璧な準備ができたのちに移転を」と主張。
 同じく延期を求めている水産中卸業者の三浦進氏は、「新市場はアクセスの整備が不十分で準備不足。情報公開も十分ではなく、いまだに家賃がどのくらいかもわからず駐車場も足りない」などと準備がいまだ整っていないほか、移転時期は繁忙期にあたると指摘。「本心は築地で続けたい」としつつも、「準備不足なので移転は延期してほしいというのが今回の趣旨」とした。また、築地場外市場商店街振興組合の鈴木章夫理事長は、「移転後も、豊洲新市場と築地場外市場が共存し、商品が行き来できるようにしてほしい」との観点から、「築地市場跡地を場外市場のために使わせてほしいと申し上げた」と説明した。

 一方、予定通りの期日での移転を求める同市場関係者のうち、東京都水産物卸売業者協会の伊藤裕康会長は、「豊洲新市場の開場日は皆で決めたこと。ここまできて移転時期が変更されると、大変な混乱をきたす」と懸念を示した。東京魚市場卸協同組合の伊藤淳一理事長は、「繁忙期を超えてからの移転となると、移転準備を繁忙期にしなければならない」として、移転時期の後ろ倒しは繁忙期の商売に支障が出るとの見解を示し、従来通りの移転実施を主張。土壌汚染問題については、「小池都知事に安全宣言を出してほしい」と要望したことを明かした。

 築地商業協同組合の泉未紀夫理事長も、11月7日の移転実施を求めるとともに、「環状2号線は五輪のためだけではなく、豊洲新市場にとって一番大切な動線になる。1日も早く開通させてほしい」と訴えた。また、「誰も行きたくはないが、将来を考えた時に移転せざるを得ない。いまさら移転時期を動かすと、官民ともに影響が出る」と主張した。

 意見交換の際の小池都知事の対応について記者団から聞かれると、「温かみのある接し方をしてもらった」(鈴木理事長)、「大変よく話を聞いてくれた」(伊藤会長)とともに好印象を口にした。もっともに、小池都知事から移転の延期の是非についての見解は示されず、あくまでもヒアリングの場だったもよう。

 小池都知事は16日午後、築地市場および豊洲新市場の両方を視察する予定。

(取材・文:具志堅浩二)

最終更新:8/13(土) 17:20

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。