ここから本文です

ピン直撃弾も報われず…池田勇太は風に苦しみ50位タイ

ゴルフ情報ALBA.Net 8月12日(金)6時3分配信

<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 初日◇11日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>

【関連】リオ五輪ゴルフ フォトギャラリー

 「リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子」は11日(木)に第1ラウンドを行い、日本代表の池田勇太は1バーディ・4ボギーの“74”で片山晋呉と並んで3オーバー50位タイと出遅れた。

 池田のスタートは7時30分のトップスタートから2時間17分後の9時47分。朝方は穏やかだった風は、時間を追うごとに強さを増しコースをまったく違うものに変えた。練習ラウンドでは一度も吹かなかった西からの強風。「30分スタート遅いだけでコンディション違う。練習の時にはない風だったのでちょっと慣れない部分もあった」とマネジメントに苦しんだ。

 「流れが来なかったし、アンラッキーも多かった」と語る言葉がこの日のすべてだった。4オーバーまでスコアを落として迎えた17番パー3では、完璧なティショットを放つもピンを直撃してボールはカップから大きく遠ざかった。「ショットは良かった。でも良いところについても入らなかったり、いいパットは打っているけどちょっと切れたり」。チャンスをことごとく決めきれなかったこともホールアウト後の表情を硬くした。

 7時52分(日本時間19時52分)のスタートとなる2日目は朝から雨予報。苦難は続くが、状態の良さは自覚しているだけに足踏みのまま終わるつもりはない。「出遅れてしまってけれど、明日から巻き返すつもりでやれればいい」。表情を引き締めたままインタビューエリアを後にした。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月12日(金)6時3分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。