ここから本文です

人間椅子、新たなワンマン・ツアー〈地獄の季節〉を10月からスタート

CDジャーナル 8月12日(金)17時16分配信

人間椅子、新たなワンマン・ツアー〈地獄の季節〉を10月からスタート

人間椅子、新たなワンマン・ツアー〈地獄の季節〉を10月からスタート

 今年2月に19枚目のオリジナル・アルバム『怪談 そして死とエロス』をリリースし、この夏は〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016〉や〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016〉をはじめイベント出演が続く人間椅子。8月11日(木・祝)に青森・Quarter公演でフィナーレを迎えた〈地獄の道化師〉に続くワンマン・ツアー、〈地獄の季節〉が開催決定。10月29日(土)の茨城・水戸 LIGHT HOUSE公演からスタートします。

 「数年前から僕たちは新人バンドのつもりでやっていて、その姿勢がフェス出演にも繋がったんだと思います。次回のツアーでは、感性にあふれた燃え盛る青春、みたいなものをやれれば」と語る人間椅子。詩人アルチュール・ランボーの散文詩集「地獄の季節」から題された今度のツアーは全12公演を予定。チケット情報など詳しくはオフィシャル・サイト(ningen-isu.com)をご覧ください。

最終更新:8月12日(金)17時16分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。