ここから本文です

<リオ五輪速報>男子200m個メで萩野が銀メダル 「戦う力がなかった」

THE PAGE 8/12(金) 11:22配信

競泳の男子200メートル個人メドレーの決勝が11日(日本時間12日)現地で行われ、萩野公介(21、東洋大)が銀メダルを獲得した。萩野は400メートル個人メドレー、800メートル自由形リレーに続く3つ目のメダル。金メダルは、史上初の五輪4連覇を果たしたマイケル・フェルプス(米国)。自己記録を更新した藤森太将(24、ミキハウス)は、惜しくも4位に終わった。

 6レーンを泳ぐ萩野は、最初のバタフライは3位タイでターン、ポイントだった背泳ぎで少し遅れた。平泳ぎで萩野、藤森が先頭集団にくらいつき、最後の自由形でフェルプスが抜け出したが、萩野が必死で追い上げて2位でゴールした。

 レース後、悔しさから座り込んだ萩野は、「もっと、いい勝負をしたかったというのが、率直な感想。オリンピックを6日間通してやってきて、通して戦う力がなかったということで、ちょっと疲れました。ずっと、スピードが出ていないので不安だったが、最後は考えても仕方がないと思って、ペレイラはブラジルですし、フェルプスもロクテもいて、ここで泳げることを幸せに感じて泳ぎました」と、スッキリした表情で振り返った。
 
 一方、惜しくも4位に終わった藤森は、「(ゴールで他の選手は)見えていなかったんですけど、悔しいです。自分はこの1本、覚悟して臨みました。夢の舞台で泳がせてもらった。父、応援してくださった人々に感謝の気持ちでいっぱいです」と、悔しさを隠さなかった
   

最終更新:8/12(金) 12:14

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。