ここから本文です

小松菜奈&菅田将暉がキス寸前!「溺れるナイフ」胸キュン必至の場面写真公開

映画.com 8月12日(金)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 小松菜奈と菅田将暉のダブル主演でジョージ朝倉氏の同名人気漫画を実写映画化する「溺れるナイフ」の場面写真が、このほど一挙公開された。キス寸前の小松と菅田を収めたカットや、海沿いで自転車を2人乗りするシーン、菅田が小松の浴衣の帯を直す場面など、胸キュン必至の8枚となっている。

【フォトギャラリー】「溺れるナイフ」の場面写真はこちら

 映画は、反発し合いながらもひかれ合う少年少女の姿を瑞々しく描く。東京で人気モデルとして活躍していた望月夏芽(小松)は、父の故郷である田舎町へ引っ越すことになり絶望する。しかし、そこで出会った土地一帯を取り仕切る神主一族の跡取り・長谷川航一朗(菅田)に一瞬で恋に落ちる。徐々に心を通わせていく2人だったが、ある日、運命を変える出来事が起こってしまう。

 メガホンをとるのは、「5つ数えれば君の夢」「おとぎ話みたい」などの青春映画を手がけてきた新鋭・山戸結希監督。今作について、「あの夏に“夏芽”と“コウ”として生きようともがいた小松菜奈さん、菅田将暉さん2人の姿が、傷つきながら輝こうとする夏芽とコウの心と二重写しになった作品」といい、「芸術を求めている女の子の心に波紋が起こると信じています」「2016年が、たくさんの女の子にとっての事件になって欲しいです」と込めた思いを語っている。

 「溺れるナイフ」は、11月5日から東京・TOHOシネマズ渋谷ほか全国で公開。

最終更新:8月18日(木)12時12分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。