ここから本文です

タチエス、海外拠点の合理化効果で黒字化 4-6月期決算

レスポンス 8月12日(金)8時0分配信

タチエスが発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、四半期純利益が9億3600万円の黒字となった。前年は14億8000万円の赤字だった。

[関連写真]

売上高は、国内、海外とも販売が順調に推移したものの、為替換算の影響から前年同期比0.3%増の641億7100万円と微増だった。

営業利益は、量産効果と海外での合理化努力もあって8億4800万円の黒字となった。経常利益は為替差損があったものの、19億8700万円の黒字だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月12日(金)8時0分

レスポンス