ここから本文です

牧野由依、ニュー・シングルは矢野博康がプロデュースを担当

CDジャーナル 8/12(金) 17:16配信

牧野由依、ニュー・シングルは矢野博康がプロデュースを担当

牧野由依、ニュー・シングルは矢野博康がプロデュースを担当

 声優 / アーティストとして国内外で活躍する牧野由依が8月10日(水)、東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールでピアノ弾き語りコンサート〈Yui MakinoConcert~twilight melody~〉を開催。アンコールのラストでは、10月19日(水)にリリースされるニュー・シングル「What A Beautiful World / ウイークエンド・ランデヴー」から、収録曲「What A Beautiful World」を初披露しました。

 昨年アルバム『タビノオト』でタッグを組んだ矢野博康(ex-Cymbals)が再びプロデュースを手がけた今回のシングル。「What A Beautiful World」はバラード、「ウイークエンド・ランデヴー」はポップ・ソングです。初回限定盤A(CD + DVD)、初回限定盤B(CD + DVD)、通常盤(CD)の3形態でのリリースとなり、全形態を購入すると応募抽選でスペシャル・イベントに招待、さらにはバックステージへ招待する“S賞”も用意されているとのこと。詳細は後日発表予定です。

最終更新:8/12(金) 17:16

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]