ここから本文です

上海市の訪問団長に中国共産党市委の工作機関トップ 台北市との交流行事出席へ

中央社フォーカス台湾 8/12(金) 18:29配信

(台北 12日 中央社)台北市政府の林鶴明報道官は12日、同市と中国大陸・上海市による「台北上海城市論壇(フォーラム)」を23日に台北市で開催すると発表した。上海の訪問団は、中国共産党上海市委員会の常務委員と統一戦線工作部長を兼任する沙海林氏が率いる。

統一戦線工作部の業務には、両岸(台湾と中国大陸)統一に向けた工作も含まれている。そのため報道陣からはこの判断を受け入れるのかとの声も上がったが、林報道官は上海側の決定を尊重すると回答。先方の人選はこのイベントを重視していることの表れだとした。

柯文哲・台北市長は、統一戦線工作部の名前は台湾では悪名となっているが、中国大陸では特別なものではないと指摘。これは双方の文化のギャップだと語った。

また、中国大陸に進出している台湾企業の関係者によると、沙氏は台湾に対するプロパガンダを担当しており、過去には上海の台湾企業と頻繁に交流していたという。

同フォーラムは2010年から毎年持ち回り開催されているが、台北で行われる年に、上海市長・副市長以外の人物が訪問団長を務めるのは今回が初めて。

(劉建邦、馮昭/編集:杉野浩司)

最終更新:8/12(金) 18:29

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]