ここから本文です

【レベルス】小笠原vs工藤の王者対決が決定

イーファイト 8/12(金) 14:41配信

 10月23日(日)東京・ディファ有明で開催される『REBELS.46』の対戦カード第一弾が発表された。

【フォト】必殺ボディブローをねじ込む工藤政英

 7月のRISEバンタム級次期挑戦者決定戦でTKO負けを喫したREBELS 52.5kg級王者・小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)の再起戦が決定。REBELS 55kg級王者・工藤政英(新宿レフティージム)との王者対決に挑む。

 小笠原は昨年3月にMuayThaiOpenスーパーフライ級王座、続く7月にREBELS 52.5kg級王座を獲得。少年時代から培ったムエタイテクニックに加え、パンチにも磨きがかかり、2014年1月から今年6月までに11連勝と好調を維持した。

 しかし、7月30日(土)に那須川天心が保持するRISEバンタム級王座への挑戦権を懸けたトーナメントの決勝戦という大一番で、RISEバンタム級1位・村越優汰に3度のダウンを奪われた末にTKO負け。那須川への挑戦が叶わなかった小笠原はその悔しさをREBELSのリングでぶつけることになった。

 その相手を務める工藤は昨年5月にREBELS55kg級王座を戴冠。今年4月の初防衛戦では宮崎就斗を得意のボディブローでKO。さらに5月には優吾・FLYSKYGYMからもボディブローで初回KO勝利を収めた。7月31日(日)の『REBELS.45』では、WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者・宮元啓介と対戦しドロー決着となったが、切れのあるパンチとボディブローで攻勢をかける場面も目立ち、好調ぶりをうかがわせた。

 村越戦ではボディ攻撃に苦しんだ小笠原。工藤のボディブローを攻略することが出来るか。それとも工藤が伝家の宝刀で小笠原を仕留めるのか。小笠原の真価が試される一戦となる。

 ほかにも、前回7月10日(土)の『REBELS.44』で判定負けを喫したTRIBELATE ライト級王者・良太郎(池袋BLUE DOG GYM)の再起戦なども決定している。

<決定対戦カード> 
▼55kg級 3分3回戦(延長なし) REBELSルール
工藤政英(新宿レフティージム/REBELS 55kg級王者)
vs
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS 52.5kg級王者)

▼ライト級 3分3回戦(延長なし) WPMFルール
良太郎(池袋BLUE DOG GYM/TRIBELATEライト級王者)
vs
雅駿介(PHOENIX)

▼ライト級 3分3回戦(延長なし) WPMFルール
末廣智明(大道塾吉祥寺支部)
vs
長谷川健(RIKIX)

▼スーパーライト級 3分3回戦(延長なし) WPMFルール
久保政哉(PHOENIX)
vs
前田将貴(RIKIX)

▼60kg級 3分3回戦(延長なし) REBELSルール
ウザ強ヨシヤ(テッサイジム)
vs
角谷祐介(NEXT LEVEL渋谷)

▼フェザー級 3分3回戦(延長なし) WPMFルール
立嶋篤史(ASSHI-PROJECT)
vs
浦林幹(フリー)

最終更新:8/12(金) 14:41

イーファイト