ここから本文です

8/12-13「ペルセウス座流星群」2016…方角や生中継ほかお役立ち情報まとめ

リセマム 8月12日(金)15時30分配信

 ペルセウス座流星群がいよいよ今夜、8月12日から見ごろのピークを迎える。2016年のペルセウス座流星群は、観測の条件が大変良いとされているだけに、流星の出現を心待ちにしている親子も多いことだろう。

写真や画像 全7枚

 ペルセウス座流星群とは、毎年8月12日・13日ごろを中心に活動する流星群のこと。1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれている。国立天文台(NAOJ)によると、2016年のペルセウス座流星群は大変良い条件で観察できる。普段の年よりも流星群の活動が活発で、例年より多くの流星が見られる可能性があるという。

 流星群が見える方角や注意点、生中継情報など、観測・観察に役立つサイトやサービスをまとめて紹介する。

◆国立天文台(NAOJ)ほしぞら情報2016年8月
 ペルセウス座流星群の基本的な情報をわかりやすく紹介している。流星群の現象や概要について、より詳しく知りたい人に向けては、「さらに知りたい方へ」というコーナーも設けている。観察に適した時間帯や場所など、観察に役立つ情報も幅広く入手できる。2016年の観察は月明かりの影響も考慮する必要があるため、「月明かりの影響」に関する項目では「月が沈んでから観察」することを勧め、月明かりがある場合に注意したいポイントも紹介している。

◆国立天文台(NAOJ)「夏の夜、流れ星を数えよう2016」キャンペーン
 国立天文台が実施しているペルセウス座流星群の観察キャンペーン。観察期間は8月10日夜からすでに始まっており、8月15日朝まで続く。観察結果の報告は、8月10日正午から16日正午に受け付けている。ペルセウス座流星群の見分け方や観察のコツなども解説している。

◆流星電波観測国際プロジェクト「ペルセウス座流星群(Perseids)」
 極大時刻、観測条件などの詳細なデータを紹介している。日本国内における「眼視観測(目で見る場合)」の2016年観測条件によると、見る方角は「どこでも構わない」。月明りがないため、どの方向でも大丈夫だという。「ダストトレイル」に関する情報も掲載。

◆AstroArts(アストロアーツ)「2016年ペルセウス座流星群」
 大きな特集を展開し、「見頃」「観察のポイント」「流れ星が見える仕組み」という3つのポイントについて、詳しく解説している。天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ」により、2016年ペルセウス座流星群のシミュレーションも公開しており、流れ星の見え方などを予習できる。

◆ウェザーニューズ「流星キャッチャー」
 ウェザーニューズが提供するスマートフォン向けサービス。流星の瞬間をとらえると、事前に登録したスマートフォンへ3分以内に編集した流星の動画を届けてくれる。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」から登録できる。

◆ウェザーニューズ「SOLiVE24」
 24時間生放送の天気番組「SOLiVE24」では、8月12日午後9時から12時までペルセウス座流星群の特別番組を放送する。全国11か所から生中継し、各地の流星の映像を現地観測者の実況コメントとともに届ける。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」、パソコン、テレビ(BS 910Ch)、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVEで見ることができる。

◆誠文堂新光社
 雑誌「月刊天文ガイド」の編集部が、ニコニコ生放送とのコラボレーションにより8月12日午後9時から13日午前5時(予定)、「ニコニコ天体観測 ペルセウス座流星群2016を見よう!」と題して、特別番組を生中継する。誠文堂新光社ではこのほか、ガイドブック「2015年~2020年の流星群の見え方・楽しみ方がわかる 藤井旭の流星群観察ガイド」、フォトブック「SKYSCAPE PHOTOBOOK 流れ星」なども刊行している。

《リセマム 奥山直美》

最終更新:8月12日(金)15時30分

リセマム