ここから本文です

『プラスティック・メモリーズ』ふれあい&着替えが楽しめるWeb体験版が公開、EDテーマや配布会情報も

インサイド 8月12日(金)20時0分配信

MAGES.は、PS Vita『プラスティック・メモリーズ』のWeb体験版およびエンディングテーマ情報を公開しています。

【関連画像】

『プラスティック・メモリーズ』は、同名のTVアニメを題材にしたアドベンチャーゲームです。本作では、大企業SAI社で働くことになった「水柿ツカサ」と、アンドロイド“ギフティア”の少女「アイラ」のオリジナルストーリーが描かれます。

◆WEB体験版

本作の公式サイトで公開されている「ふれあい&お着替えモードWEB体験版」では、ゲーム内に実装される「ふれあいモード」と「お着替えモード」を体験することができます。

■ふれあいモード
アイラをつついたりなでたりすることで、さまざまな反応や台詞を聞くことができます。場所によっても反応が変化するほか、ゲーム本編では好感度によっても反応が変わります(体験版ではすべての好感度からセリフが抜き出されています)。

■お着替えモード
アイラにさまざまな衣装を着せることができます。早期購入特典でしか手に入らないチャイナドレスなど、お気に入りの衣装を着せてふれあいモードを楽しめます。衣装によってはアイラの反応が変わることも。

※動作環境:Google Chrome、Firefoxの最新バージョン
※上記以外の環境では正常にご覧いただけない場合がございます。
※スマートフォンではご覧いただけません。
※実際のゲーム画面とは異なります。

◆エンディングテーマ

本作のエンディングテーマは、今井麻美さんが歌う「Reunion ~Once Again~」に決定。CD情報も公開されています。

■楽曲情報
・タイトル:Reunion ~Once Again~/今井麻美
・作詞:林 直孝/濱田智之
・作曲・編曲:青木宏憲

■CD情報
・「Reunion ~Once Again~」2016年10月26日発売予定
【通常盤】品番:FVCG-1400/¥1,800(税抜)
【DVD付盤】《動画工房描き下ろしジャケット》品番:FVCG-1399/¥2,400(税抜)
【ライブ盤】品番:FVCG-1398/¥7,200(税抜)
・発売元:5pb.
・販売元:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

●【収録内容】
<CD>
・1.Reunion ~Once Again~
・2.Dash! My love
・3.タイトル未定
・4.5.6. 各off vocal

<DVD(DVD付盤)>
・1.Reunion ~Once Again~ Music Video
・2.Reunion ~Once Again~ メイキング

<DVD(ライブ盤)>
・1.Reunion ~Once Again~ Music Video
・2.今井麻美バースデーライブ2015「Wonder Place」映像

◆配布会

そして、特製うちわ&クリアファイルがもらえる店頭配布会が大阪・名古屋で開催。当日はジョイまっくすポコ氏も参加します。詳細は特設ページをご覧ください。

●開催概要
・開催日時(1):2016年8月20日13時~17時/ゲーマーズなんば店店頭
・開催日時(2):2016年8月21日13時~17時/ワンダーグー名古屋大須店 2階フロア
・内容:PS Vita「プラスティック・メモリーズ」特製うちわの無料配布
    本作を予約しているとクリアファイルプレゼント

注意事項
※配布物は数に限りがございます。なくなり次第配布終了となりますので予めご了承ください。
※予約者対象クリアファイルは、どのお店でご予約されても対象となります。また、ご予約1本につき、クリアファイルは1枚となります。
※インターネットで予約された方は、予約メールをかならずプリントアウトしてお持ちください。携帯画面等での認証はできません。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『プラスティック・メモリーズ』は2016年10月13日発売予定。価格は以下のようになります。

・通常版:6,800円(税別)
・限定版:9,800円(税別)
・DL版:6,000円(税別)

(C)MAGES./Project PM (C)MAGES./5pb.

最終更新:8月12日(金)20時0分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。