ここから本文です

【フィリピン】家具イケアが合弁で進出、財閥SMなどと交渉

NNA 8月12日(金)8時30分配信

 スウェーデンの家具大手イケアが、フィリピン進出を検討している。地場財閥SMグループが、イケアと合弁事業について交渉中であることを認めた。2017年に現地1号店の開業を目指すという。11日付マニラブレティンなどが伝えた。
 投資持ち株会社SMインベストメンツのテレシタ・シー・コソン副会長は、「イケアは現地の提携先を探しており、当社以外にも小売り数社と交渉している」と明らかにした。イケアは提携先に対し、いくつかの条件を提示しており、SMが要求に応えられるかどうか結論は出ていないと説明した。
 SMグループは、ファッション生活雑貨関連でユニクロやフォーエバー21といったブランドのフィリピン展開を手掛けており、イケアをこれに加えたい考え。ショッピングモールを全国58カ所で運営している。

最終更新:8月12日(金)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。