ここから本文です

電力会社のCO2排出量が1年間に6.3%減る

スマートジャパン 8月12日(金)11時25分配信

 電力会社10社が政府に報告した2015年度のCO2(二酸化炭素)排出量を合計すると4億2868億トンにのぼる。前年度と比べて6.3%の減少で、電力がもたらすCO2の排出量は着実に減ってきた。国全体のCO2排出量のうち電力が4割強を占めることから、政府は2030年度までに電力由来のCO2排出量を2013年度比で35%削減する方針だ。

 地域別に見ると九州電力の削減率が最も大きくて15.2%に達した。九州電力は2015年8月から「川内原子力発電所」を再稼働させて、火力による発電量を減らしたことで大幅なCO2の削減に結びつけた。ピークだった2013年度と比べるとCO2排出量は2割以上も少なくなっている。いまや原子力発電所を再稼働させる社会的な意義は地球温暖化対策しか見当たらない。

 九州電力に次いで関西電力のCO2削減率が9.2%で大きい。関西電力は2015年度の販売量が10社の中で最大の5.2%も減少したため、火力の発電量を抑制してCO2排出量を削減した。原子力の「高浜発電所」は2016年2月に再稼働したものの、1カ月余りで運転停止に追い込まれた。2015年度の原子力の利用率は1%にとどまり、当面は火力発電の高効率化を進めてCO2削減に取り組まざるを得ない状況だ。

 そのほかの電力会社の状況を見ると、石油火力の比率が高い沖縄電力のCO2排出量が0.2%しか減っていない。石炭火力の比率が高い中国電力は3.3%減、北陸電力は4.3%減で、いずれも10社の平均値を下回っている。

 一方で東京電力と中部電力は石油や石炭よりも高効率でCO2排出量が少ないLNG(液化天然ガス)の火力発電所を数多く運転中だ。両社ともに2015年度のCO2排出量はさほど減っていないが、電力1kWh(キロワット時)あたりの「CO2排出係数」は10社の中で最も低い水準を維持している。

「CO2排出係数」は10社で大きな開き

 CO2排出係数は電力を利用する企業が年間のCO2排出量を算出する時の基準値になる。電力会社や小売電気事業者ごとにCO2排出係数が決まり、年間の電力使用量と掛け合わせてCO2排出量を算出する方法だ。電力会社のCO2排出係数は2015年度も大きなばらつきが出た。

 最も低いのは中部電力の0.482で、電力1kWhあたり0.482キログラムのCO2を排出する。次いで東京電力が0.491、関西電力が0.496で続く。これに対してCO2排出係数が最も高い沖縄電力は0.799になり、同じ1kWhの電力を使っても中部電力と比べるとCO2排出量が1.66倍に増えてしまう。

 中部電力のCO2排出量の推移を見ると、すでに2014年度の時点で震災前の2010年度を下回っている。震災前にはCO2を排出しない「浜岡原子力発電所」の稼働率が5割前後もあったが、震災後は稼働率がゼロでもCO2排出量は減り続けている。原子力発電所を再稼働させなくてもCO2排出量の削減が可能なことを示す結果だ。

 それでも原子力に依存する電力会社の姿勢は変わらない。沖縄電力と同様に石油火力の比率が高い北海道電力のCO2排出係数は0.676、四国電力も0.669で平均を上回る。石炭火力の比率が高い中国電力は0.700、北陸電力は0.615で、沖縄電力を含めて5社のCO2排出係数が突出している状況だ。CO2排出量の少ないLNG火力へ転換する取り組みの遅れが最大の要因である。

 各社のCO2排出係数には固定価格買取制度による再生可能エネルギーの電力を買い取った分も含まれる。2015年度の買取量は前年度から1.5倍に拡大して、全体のCO2排出係数を押し下げるうえで大きな効果を発揮している。ただしCO2排出係数の算出にあたっては、電気料金に上乗せして徴収する「賦課金」を考慮して割当量が決まる。買取量が割当量よりも多い地域では、CO2排出係数(調整後)が実際よりも高くなる。

 2015年度は北海道・東北・中国・四国・九州の5地域で買取量が割当量を上回ったためにCO2排出係数が高くなり、残る5地域は低くなった。買取量と割当量の差が最も大きい九州では、調整後のCO2排出係数が調整前よりも0.019高く出ている。逆に東京では調整後のほうが0.009低くなり、電力の利用者はCO2排出量の点で固定価格買取制度の恩恵を受ける。

最終更新:8月12日(金)11時25分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]