ここから本文です

「パラッパラッパー」が新アニメシリーズで復活! 今度は“PJベリー”が主人公

cinemacafe.net 8月12日(金)13時30分配信

フジテレビが毎週木曜日深夜に放送している「#ハイ_ポール」の8月18日(木)放送話内にて、元祖・音ゲーとしても知られる「パラッパラッパー」が新アニメシリーズとしてショートアニメ「PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ」パイロット版となる第1話を放送することが決定。以降、10月からは「#ハイ_ポール」内でレギュラーコーナーとして放送することも明らかになった。

そして今回放送される新シリーズのショートアニメ 「PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ」 は、ゲーム「パラッパラッパー」のリリースから20周年、さらにアニメ「パラッパラッパー」の放送から15周年というダブルアニバーサリーイヤーを記念し制作が決定。

「パラッパラッパー」は、1996年にリリースされた PlayStation(R) 用のリズムアクションゲーム。“音ゲー”の草分けとして話題となり、国内でメガヒットを記録している。ゲームは、主人公の“パラッパ”がラップの武者修行をしていくストーリーで、リズムアクションゲームのルーツとして日本のみならず世界中で楽しまれた作品。パラッパをはじめ“PJベリー”や“タマネギ先生”など、イラストレーターのロドニー・グリーンブラットが描く個性溢れる魅力的なキャラクターが人気を集め、2001年には、フジテレビ系列でアニメ「パラッパラッパー」が放送されていた。

本アニメは、「パラッパラッパー」の中でも人気のあるキャラクターのPJベリーが主人公。「チョップ・チョップ・フルーシ・カフェ」で寝ているPJベリーが、みんなの悩みを知らず知らずのうちに寝言で解決していく1話約96秒のショートアニメ。PJベリー、パラッパ、タマネギ先生がメインキャラクターとして、相談者には毎回奇想天外なキャラクターが登場する。

今回の決定にPJベリーの声を担当している大須賀純は、「いい意味で、これほど緩やかなお仕事というのも珍しいので、それすら楽しんでいければと思います。寝る前にこれを見て『バカだなぁ~』と思って寝てもらえるような作品になれたらいいと思っているので、緩い気持ちで見ていただきたいです」とコメント。

パラッパ役の鈴木裕斗は「内容もコンパクトで見やすく分かりやすい作品になっています。キャラクターも個性的で一目見てどんな性格の子なのか分かるようになっているので、多くの人に楽しんでいただける作品になりそうだと思いました。今後がとても楽しみ」と期待を寄せた。タマネギ先生役の上田燿司もまた「有名タイトルなので、昔から知っている人に『ああつまんねぇな』と言われないように、また新しいファンにも楽しいと思ってもらえる作品にできるように頑張って演じていけたらなと」と意気込みを語っていた。

「PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ」第1話(パイロット版)は8月18日(木)25時35分~フジテレビ「#ハイ_ポール」内にて、レギュラー放送は10月よりフジテレビ「#ハイ_ポール」内にて放送予定。

最終更新:8月15日(月)17時5分

cinemacafe.net