ここから本文です

中村勘九郎&松坂桃李が宙を舞い、大島優子は大粒の涙!「真田十勇士」特別映像2種公開

映画.com 8月12日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 堤幸彦監督が自ら演出した中村勘九郎主演の舞台劇を映画化する「真田十勇士」の特別映像2種類が、公開された。それぞれストーリーとアクションに焦点を当てている。

ケレン味あふれるアクションが満載!「真田十勇士」特別映像:アクション編はこちら!

 関ヶ原の戦い(1600年)から14年後。元忍者の猿飛佐助(中村)は、天下の名将とうたわれる真田幸村(加藤雅也)と運命的な出会いを果たす。幸村が運に恵まれただけの気弱な“腰抜け男”だと知った佐助は、抜け忍仲間の霧隠才蔵(松坂桃李)と組んで「真田十勇士」を結成し、幸村を名実共に天下一の武将に仕立て上げようとする。

 「アクション編」は、幸村が属する豊臣軍と徳川家康(松平健)率いる徳川軍の激しい合戦シーンからスタート。爆風が吹きすさぶなか、真っ赤なよろいを身につけた十勇士が勇猛果敢に敵軍目がけて突撃していくさまがダイナミックなカメラワークと共に描かれる。十勇士の面々はそれぞれに得意な戦闘スタイルを持つが、中でも佐助は、馬に乗った敵兵の首をジャンプしてかっ切るなど、己の身体能力を最大限に生かして奮戦。また、一瞬ではあるが才蔵が空を飛ぶ様子も活写され、ケレン味あふれるアクションが凝縮されている。

 続く「ストーリー編」では、松任谷由実による主題歌「残火」が流れるなか、各キャラクターの活躍が切り取られる。大坂城をきぜんとした表情で見つめる佐助、「どうしよ……」と情けない声を出す幸村、鬼の形相を見せる才蔵、佐助と才蔵の幼なじみのくの一・火垂(大島優子)が涙を流す姿などが描かれ、さらに雨が降りしきるなか、佐助が幸村を抱きかかえ「幸村様ー!」と絶叫するドラマティックなシーンで幕を閉じる。

 「真田十勇士」は、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健が十勇士に扮するほか、石垣佑磨、伊武雅刀、佐藤二朗、野添義弘、大竹しのぶといった豪華キャストが脇を固める。9月22日から全国公開。

最終更新:8月12日(金)12時0分

映画.com