ここから本文です

HMV & BOOKS TOKYOの店内にミュージアム・スペースを新設 オープニングはEBiDANを特集

CDジャーナル 8月12日(金)17時16分配信

HMV & BOOKS TOKYOの店内にミュージアム・スペースを新設 オープニングはEBiDANを特集

HMV & BOOKS TOKYOの店内にミュージアム・スペースを新設 オープニングはEBiDANを特集

 東京・渋谷にある「HMV & BOOKS TOKYO」の6Fフロア内に、ミュージアム・スペース「hmv museum」が新設。9月8日(木)のオープンから、超特急、DISH//、MAGiC BOYZ、カスタマイZ、PrizmaXなどが在籍する、スターダストプロモーション所属の若手男性俳優・タレントで構成されたアーティスト集団“EBiDAN”(www.ebidan.jp)の特集展〈EBiDAN museum〉がスタートし、パネルや衣装などの展示ほか、オリジナル・グッズの販売などを予定しています。

 hmv museumでは、HMV & BOOKS TOKYOのコンセプトである“新しい出会いや新たな発見を提供する情報発信地”に基づき、音楽、映画、アートなどを中心とした展示会や展覧会を行なっていくとのこと。開館時間は11:00~21:00となっています。

最終更新:8月12日(金)17時16分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。