ここから本文です

『寄生獣』、中国で大規模公開決定 邦画実写作品では異例のスクリーン数

cinemacafe.net 8月12日(金)14時30分配信

主演・染谷将太、監督・山崎貴のタッグで、2014年11月29日に『寄生獣』、2015年4月25日に『寄生獣 完結篇』として二部作で公開され、トータルで興行収入35.2億を記録した大ヒット作が、このたび、中国で劇場公開されることが決定した。

【画像】『寄生獣』主演の染谷将太

ある日突然、人間に寄生し、操り、エサとする寄生生物“パラサイト”。寄生されかかり、右手を乗っ取られた高校生の新一は、この右手のパラサイト“ミギー”と奇妙な共存生活を送ることになるが…。

岩明均の原作コミックとアニメシリーズ「寄生獣 セイの格率」が、人気を博している中国。特にアニメは、2014年、若者向けに人気を集めたコンテンツを表彰する「青春的選択年度盛典」のアニメ部門で「最優秀アニメ賞」を受賞。日本発の実写版映画の中国上陸も待ち望まれていたが、このほど日本から1年以上の期間をあけて劇場公開が決定した。

今回の中国公開は、China Film Group(協力:Edko Beijin)の配給によるもので、日本では二部作で公開されたものを、中国向けに1本にまとめた新たなバージョン(上映時間125分)での公開に。中国全土の全スクリーン数は約3万スクリーンとなるが、本作の公開規模は約7,000スクリーン数を予定しており、邦画実写作品のこの大規模公開は異例となる。

邦画の実写映画としては、約5年ぶりの中国公開となった『ビリギャル』に次ぐ作品となっており、海を越えた中国で本作がどんな寄生を果たしていくのか、注目が集まっている。

■山崎貴監督 コメント
『寄生獣』という傑作マンガを映画という形で中国の方々に紹介できることをとても嬉しく思っています。寄生獣の衝撃を、そしてその根底に流れてる人類という物に対する批判と愛を、心ゆくまで味わって下さい。

■染谷将太 コメント
染谷将太と申します。この度わたくしが主演いたしました『寄生獣』が中国で公開になります。日本のマンガが原作の作品です。いま、どこの国でも起こりうるテーマをベースにしたエンターテインメント作品です。きっと皆さんの心にもさまざまなメッセージが届くことでしょう。まぁお堅いことは抜きにして、とにかく2時間5分、あっという間のアクションエンターテインメントです。ぜひ劇場にお越しください。スクリーンでお会いできるのを楽しみにしております。

『寄生獣』は9月2日(金)より中国にて劇場公開。

「寄生獣 通常版」DVDは発売中。

最終更新:8月15日(月)12時14分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。