ここから本文です

諸見里しのぶは97位T発進、久々の試合で見つけた課題とは?

ゴルフ情報ALBA.Net 8月12日(金)19時53分配信

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇11日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,614ヤード ・パー72)>

日焼け対策ってどうしてる?女子プロ“日焼け”ギャラリー

 軽井沢72ゴルフ 北コースを舞台に開幕した「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。開幕戦以来の出場となる諸見里しのぶは1バーディ・5ボギーと苦戦。4オーバーの97位タイで初日を終えた。

 クラブハウスに引き上げてきた諸見里が成績よりも悔やんだのが「自分がしたかったことができなかった」こと。「“気持ちよく振りたい”とか試合前にテーマとして設定したことが半分もできなかった」と不満そうな表情を浮かべていた。

 特に課題として挙げていたのが気持ちのコントロール。「良いショットを打ったのにラフに外れたときとか、連続ボギーが来たときの次のショットだったり。あとは私以外の2人がガンガン伸ばして行くのを見たりした時など、練習にはない感情の整理に苦労しました」。

 収穫としてはスイングの中で「最後の方に“もしかしたらこれかな” というものが見つかった」こと。「“これ”というものは試合で掴むしかないと思う。ゴルフできることに感謝して、明日は思い切りやりたい」。復活への一筋の光を確かなものにするべく、練習場へと急いでいった。なお、“これ”の詳細については最後まで明かしてはくれなかった。


(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月12日(金)19時53分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]