ここから本文です

『ナウシカ』から『マーニー』まで「スタジオジブリ総選挙」開催!最多得票作品は劇場上映へ

cinemacafe.net 8月12日(金)15時0分配信

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、“特別賞”を受賞したスタジオジブリ長編アニメーション最新作『レッドタートル ある島の物語』。この度、本作の公開を記念して、『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』までスタジオジブリ長編劇場用映画全21作品の中から、最も投票数の多かった1作品を劇場で上映する「スタジオジブリ総選挙」の開催が決定した。

【画像】「スタジオジブリ総選挙」ポスター

嵐の中、荒れ狂う海に放りだされた男が九死に一生を得て、ある無人島にたどり着いた。必死に島からの脱出を試みるが、見えない力によって何度も島に引き戻される。絶望的な状況に置かれた男の前に、ある日、ひとりの女が現れた――。

『思い出のマーニー』から約2年、ファン待望のスタジオジブリ最新作となる本作は、鈴木敏夫プロデューサーが、父娘の愛おしい絆を丹念に描いた短編『岸辺のふたり』を見て、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督に長編制作の話を持ちかけたことがきっかけで製作。マイケル監督が尊敬する高畑勲監督参加のもと、スタジオジブリとシナリオ・絵コンテ作りから効果音・音楽にいたるまでやり取りをしながら、実に8年の歳月をかけて完成させ、スタジオジブリとしては初めてカンヌ国際映画祭へ出品、特別賞を受賞した。

国内外から高い注目を集める本作の公開を記念し、スタジオジブリ史上“初”の投票企画による劇場上映の実施が決定。「スタジオジブリ総選挙」と題し、『レッドタートル ある島の物語』公式サイト内の特設ページにて投票を受け付け、最も投票数の多い一作品が全国5都市の5劇場(札幌シネマフロンティア、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ 天神)で上映される。対象作品は全部で21作品。

1984年公開の『風の谷のナウシカ』をはじめ、『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『火垂るの墓』『魔女の宅急便』『おもひでぽろぽろ』『紅の豚』『平成狸合戦ぽんぽこ』『耳をすませば』『もののけ姫』『ホーホケキョ となりの山田くん』『千と千尋の神隠し』『猫の恩返し』『ハウルの動く城』『ゲド戦記』『崖の上のポニョ』『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』、そして2014年公開の『思い出のマーニー』まで、珠玉の名作が並ぶ。

結果発表は9月6日(火)頃を予定しており、9月10日(土)~9月16日(金)に上映予定。

この夏は、六本木ヒルズ展望台・東京シティビューにて「ジブリの大博覧会」が開催され、本日8月12日(金)の「金曜ロードSHOW!」枠では“2週連続 夏はジブリ”と題して岡田准一&長澤まさみを声優に迎えた『コクリコ坂から』が放送されるされるなど、ファン歓喜のイベントが続くスタジオジブリ。本企画も、ファンならずとも参加必至の注目イベントとなりそうだ。

「スタジオジブリ総選挙」は『レッドタートル ある島の物語』公式サイト内・特設ページにて8月13日(土)0時00分~8月28日(日)23時59分までの期間に受付(※投票は1人1回)。

最終更新:8月12日(金)15時3分

cinemacafe.net