ここから本文です

アーセナル、独代表DFムスタフィ獲得で秒読み 約40億円で5年契約か

ISM 8月12日(金)13時38分配信

 アーセナル(イングランド)がバレンシア(スペイン)所属ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(24)の獲得をもうすぐ叶えそうだ。英タブロイド紙『デイリー・メール』(電子版)が現地時間11日(以下現地時間)、移籍はほぼ完了と報じている。

 同紙によれば契約期間は5年で移籍金は3000万ポンド(約39億7000万円)、週給はおよそ7万5000ポンド(約1000万円)。両クラブは詰めの段階に入っており、すべての面で合意に達せばムスタフィはメディカルチェックを受けることになる。

 プレミアリーグ開幕戦を14日に控えるアーセナルだが、ペル・メルテザッカーはひざの負傷で5カ月の離脱、ガブリエルは足首で2カ月の離脱、ローラン・コシールニーは休暇から戻ったばかりと、完全フィットしているCBが不在。14日のリヴァプール戦では、それでもコシールニーを使うか、左SBナチョ・モンレアルを急遽中央に据えるか、若いカラム・チャンバース、新加入のロブ・ホールディングを使うか、アルセーヌ・ヴェンゲル監督は難しい問題を抱えていた。

 『デイリー・メール』によれば、ムスタフィの契約解除金は4200万ポンドだったが、バレンシア側が3000万でもいいと値下げ。アーセナル側はこの金額でもためらっていたようだが、守備陣が危機的状況にあることから動かざるを得なかったようだ。

最終更新:8月12日(金)13時38分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]