ここから本文です

トライアンフのストリームライナー、最高速441km/hを計測…歴代最速

レスポンス 8月12日(金)11時30分配信

英国の二輪メーカー、トライアンフは8月8日、米国のボンネビルソルトフラットにおいて、トライアンフ『ストリームライナー』が274.2マイル/h(約441.3km/h)最高速を計測した、と発表した。

トライアンフ ストリームライナーはこれまで、245.667マイル/h(約395.36 km/h)の最高速を記録していた。今回計測された274.2マイル/h(約441.3km/h)は、この記録を更新し、歴代ストリームライナーで最速となる。

ストリームライナーの最新モデルは、トライアンフ『インフォア ロケット ストリームライナー』と命名。カーボンケブラー製モノコックボディにツインターボのトライアンフ・ロケットIIIエンジンを搭載。最大出力1000hpを引き出す。

トライアンフは、「世界最高速競争」における伝説を復活させるべく、マット・マークストーラー、そしてボブ・カーペンターとチームを結成。マークストーラーは空力のエンジニアとして、カーペンターは高性能エンジンビルダーとして力を注いだ。

そして専用に作られたトライアンフ インフォア ロケット ストリームライナーには、マン島TTレーサーであり、いくつもの最高速記録を持つガイ・マーチンがライド。274.2マイル/h(約441.3km/h)という歴代ストリームライナー最速記録を打ち立てている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月12日(金)11時30分

レスポンス