ここから本文です

広島4点逆転!六回“神風”3安打2敵失 12球団トップ33度目逆転星でGに5・5差

デイリースポーツ 8月12日(金)6時3分配信

 「広島5-3阪神」(11日、マツダスタジアム)

 神風が吹いた。相手の2失策が絡んで4得点。12球団トップの33度目の逆転勝ちは、各選手が役割を徹底した結果だ。敗戦ムードが漂い始めた2点ビハインドの七回。鈴木、安部の連打から反撃は始まった。今季の象徴となる「つなぎの野球」で勝ち取った。

 「正直、少し複雑。ミスで3点もらった。強いて言うなら、会沢が進塁させるバントをしっかりできた。あれで相手が少し焦った」

 緒方監督が振り返ったのは、無死一、二塁からの会沢の犠打。高く跳ねた打球は、芝でバウンドが少し変わる。慌てて捕球した藤浪が一塁へ悪送球。二走・鈴木が生還して1点差に迫ると1死後、続く田中の一ゴロをゴメスが本塁に悪送球。同点、勝ち越しを決めた。

 今季、石井打撃コーチを中心に、三振数減をテーマに掲げた。昨秋キャンプから実戦を想定し、求めたのはつなぐ意識。“殊勲打”の田中は「その(転がす)気持ちだった。巨人も負けたので、きょう勝ったのは大きい」と、一丸野球での勝利を笑顔で振り返った。

 勝利後はベンチ裏で、選手全員を集めた緊急ミーティング。高ヘッドコーチの掛け声で、ミスに乗じた勝利を教訓に「最後まで何が起こるか分からないから」と、全力疾走など基本の徹底を再確認した。残り36試合で2位巨人とのゲーム差は5・5。勝利を力に、気を引き締めて頂点に向かう。

最終更新:8月12日(金)8時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]