ここから本文です

9000万ユーロで豚がやってきた プロシネチキ氏「イグアインは私より太っている」

ISM 8月12日(金)17時42分配信

 元クロアチア代表MFロベルト・プロシネチキ氏が、ナポリからユヴェントス(以上イタリア)へ移籍したFWゴンサロ・イグアインについて、「私よりも太っている」と批判を口にした。スペイン『マルカ』『AS』両紙(電子版)が現地時間11日(以下現地時間)に伝えている。

 イグアインは昨季、セリエAで36ゴールを叩き出し、グンナー・ノルダール氏が持つ同リーグの1シーズン最多得点記録を更新。今夏に9000万ユーロ(約103億8000万円)でライバルのユーヴェへと移籍した。7日のウェストハム(イングランド)との親善試合で後半から途中出場し、新天地デビューを果たすも、オフ明けということもあり、期待に応えるプレーを見せることはできず。オーバーウェイト気味に見えるユニフォーム姿の写真が、ソーシャルメディアを通じて広がっていた。

 現役時代にレアル・マドリーやバルセロナ(以上スペイン)などでプレーしたプロシネチキ氏は、クロアチア紙『Jutarnji List』のインタビューで、「イグアインを見てショックを受けたよ。この私より太っているじゃないか。彼ら(ユーヴェ)は彼の獲得に9000万ユーロをはたいたのに、やってきたのは豚だったんだ」「イグアインが欲しくてたまらなかった(指揮官のマッシミリアーノ・)アッレグリがどれだけショックを受けたか、想像がつくよ」と、厳しいコメントを口にした。

 それでもプロシネチキ氏は「ユーヴェはすぐにイグアインのコンディションを整えると思うが」と述べ、フィオレンティーナと対戦する20日のセリエA開幕戦までには同選手がフィットするだろうと語った。

最終更新:8月12日(金)17時42分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]