ここから本文です

北朝鮮、リオ五輪でGDP対比でのメダル獲得1位に

WoW!Korea 8月12日(金)10時43分配信

北朝鮮が国家別の経済事情を考慮したとき、今回の2016リオデジャネイロオリンピックで最も良い成績をおさめているという主張が提起された。

 12日、アメリカの声(VOA)によると、ウェブサイト「Medals per Capita」は国内総生産(GDP)を基準にしたとき、北朝鮮が11日現在、リオ五輪でメダル1位を記録していると集計した。

 北朝鮮はリオ五輪7日目の12日現在、銀メダルと銅メダルを2個ずつの計4個のメダルを獲得し、メダル順位は36位に浮上している。

 サイトは「北朝鮮のGDPは222億ドルで、これを北朝鮮が獲得したメダル4個に分けると、メダル1個当たりGDP55億ドル水準」とし、「いままでメダルを取った55カ国のうち、北朝鮮が最も低いGDPだった」と説明した。北朝鮮の次にはキルギスタン、グルジア、モンゴル、コソボなどが後に続いた。

 この他、全体人口を基準に集計した順位で北朝鮮は21位を記録した。サイトは「北朝鮮の人口は2515万人余りで、約620万人当たり1個のメダルを獲得したことになる」と説明した。

最終更新:8月12日(金)10時43分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。