ここから本文です

DIE ANTWOORD、DJ Muggs共同プロデュースの4thアルバムをリリース

CDジャーナル 8/12(金) 17:16配信

 Ninjaと¥o-landi Vi$$erの2MCとトラックメイカー / DJのGod fka DJ Hi-Tekの3名で南アフリカはケープタウンを拠点に活動し、欧米とは一線を画する感覚のダーク&ファンタジックでブルータル、かつポップな音楽性で絶大な支持を得ているラップ・グループ“DIE ANTWOORD(ダイ・アントワード / ディ・アントゥード)”が、2014年のヒット作『Donker Mag』以来約2年ぶりとなるニュー・アルバム『Mount Ninji And Da Nice Time Kid』をリリース。ボーナス・トラックを追加収録する国内盤(BRC-527 2,200円 + 税)の発売が9月16日(金)に決定しています。

 南ア版カスタムカルチャー“Zef”を象徴する存在として注目を浴び、ニール・ブロムカンプ監督の2015年作品『チャッピー』でのNinjaと¥o-landiの名演や、Lady GaGaとのビーフなどでも話題となっているDIE ANTWOORD。4枚目のフル・アルバムとなる『Mount Ninji And Da Nice Time Kid』は、ホラーコアの原点というべき90sレジェンド・CYPRESS HILLから名匠DJ Muggsを共同プロデューサーとして迎えて制作。同じくCYPRESS HILLよりSen Dog、Marilyn Mansonの元妻としても知られるフェティッシュ・モデルDita Von Teese、ジョーク・バンド“TENACIOUS D”を率いる俳優のJack Blackなどもゲスト参加した、ネクストレヴェル作となっています。

 発売に先駆け、YouTubeにて収録曲「Banana Brain」の音源が公開中。iTunesのプリオーダーでは、いち早く同楽曲のDLが可能となっています。

最終更新:8/12(金) 17:16

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]