ここから本文です

【特別映像】『ハリポタ』チームが贈る映像美の舞台裏入手!『ターザン:REBORN』

cinemacafe.net 8月12日(金)17時0分配信

夏の大作ひしめく中、“洋画実写NO.1”を獲得し、胸打つロマンスあふれるドラマと迫力の爽快アクションが10~20代や女性層を中心に支持を集めている『ターザン:REBORN』。このほど、リアルとバーチャルが融合する、『ハリー・ポッター』チームが誇る映像美が生まれるまでの貴重なメイキング映像が公開された。

【画像】『ターザン:REBORN』主演のアレクサンダー・スカルスガルド

北欧美男アレクサンダー・スカルスガルドに、最旬女優のマーゴット・ロビー、“話題作にこの人あり”の個性派サミュエル・L・ジャクソン、圧倒的な悪役が似合うクリストフ・ヴァルツらを迎え、かつてのターザン映画のイメージを覆す新たなスタイリッシュ・アクション・エンターテインメントとなる本作。

このたび公開されたメイキング映像では、ポイントとなる数々の重要シーンでキャストたちに指示を出すデイビット・イェーツ監督の姿が見てとれる。まず、目を引くのが、山頂から流れ落ちる大迫力の滝をバックに、ターザンと原住民たちが対峙するシーン。本物としか思えないほどリアルな滝は、実はリーブスデン・スタジオの屋外撮影所に人工的に作られたもので、その演出には美術スタッフたちの並々ならぬこだわりがあった。

研究と開発が何度も繰り返され、リアルを追及したスタッフたちは「流水にいくつもの層を作り出し、滝を演出する」ことを成功させた。これには『ハリー・ポッター』シリーズからイェーツ監督とタッグを組んでいる美術監督のスチュアート・クレイグも、「膨大な量の水だったし、想像できないほど壮観だったよ。本物の滝と違って止めることができたのが非常に大きい利点だった」と満足げにふり返っている。

そして、なんといってもジャングルでの撮影シーンは、観るものをまるで本物のジャングルにいるかのような錯覚を与えてくれるほどのクオリティ。滝同様に、セットで組み立てられたジャングルは、合計7バージョンも作られ、キャラクターの動きに伴い、景色が次第に変化するよう、大胆な方法がとられた。そんなジャングルにゴリラなどのフルCGの動物たちが加わることで、“リアル”と“バーチャル”が見事に融合した、唯一無二の世界観が作り上げられた。


これらの完成度の高いセットには、ターザンを演じたアレクサンダーも、思わず「この映画のセットは驚異的だった」とうなり、「僕はあんなセットは見たことがない。実際にアフリカにいる気になれたので、俳優としてはものすごく助かったよ」とコメント。ターザンの敵役であるレオン・ロムを演じたクリストフ・ヴァルツも同様に、「あれだけ広大なセットで、滝、川、ジャングルがあって…。計り知れないぐらいの範囲を扱っていて、しかもすべてが見事な出来だった」と大絶賛を贈る。

さらに、イェーツ監督も「映画作りのすばらしさには、アフリカのような神秘的な場所へ観客をいざなうことが出来るという点がある。すごくわくわくするよ。観客は自ら旅をする必要はない。彼らはただ映画館の中へ足を踏み入れるだけで、想像したこともないような別の時代、別の世界へ運ばれる。そんな体験を提供できることは、フィルムメーカーの大きな役得だよ」と語っており、CGを駆使しつつ、リアルにこだわり抜いたその世界観に自信をみせている。

ディズニーの『ジャングル・ブック』も公開され、いま日本では2つの”ジャングル・ムービー”が話題を席巻中! うだるように暑い今年の夏は、涼しい映画館で最高に“アツイ”ジャングル気分を味わってみては?

『ターザン:REBORN』は全国にて公開中。

最終更新:8月12日(金)17時0分

cinemacafe.net