ここから本文です

フジ系KTVドラマ枠は10月から火曜午後9時に

映画.com 8月12日(金)17時30分配信

 [映画.com ニュース] 関西テレビ(KTV)はこのほど、同局が制作している火曜午後10時のフジテレビ系全国ネットドラマ枠(現在「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」放送中)を、10月改編で火曜午後9時枠に変更すると発表した。

 同じく、同局が制作する火曜午後9時のフジテレビ系全国ネットのバラエティ番組枠(現在「ニッポンのぞき見太郎」放送中)が苦戦していることも踏まえ、新たな視聴習慣の定着を目指し、KTV制作の同2枠を入れ替える決断をした形。そのため、現在放送中の「ニッポンのぞき見太郎」は、10月以降は火曜午後10時枠に編成されることになる。

 これにより「GTO」や、草なぎ剛主演の「僕~」シリーズ、「チーム・バチスタ」シリーズ、阿部寛主演の「アットホーム・ダッド」「結婚できない男」、篠原涼子主演の「アンフェア」など、数多くの人気ドラマを輩出してきた同枠は、1996年4月のスタート(中居正広主演「勝利の女神」)から20年と半年で幕を閉じることになる。加えて14年4月からTBSとの間で繰り広げてきた、表裏の“ドラマ枠直接対決”も終了する。

 あわせて、新ドラマ枠の10月クール作品は、女優・吉田羊が地上波民放連ドラ初主演するオリジナル医療ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」に決定。同ドラマは、原因不明の病の謎を解き明かすために戦う“解析診断部”の女医たちによる1話完結・医療ミステリーで、「チーム・バチスタ」シリーズのスタッフが再集結して制作される。(文化通信)

最終更新:8月12日(金)17時30分

映画.com