ここから本文です

マンCに続きチェルシーも食事制限 ケチャップ、ピザなどが禁止に

ISM 8月12日(金)17時44分配信

 チェルシー(イングランド)のアントニオ・コンテ新監督がコンディション向上のため、選手に厳しい食事制限を課したようだ。英タブロイド『ザ・サン』紙(電子版)が現地時間11日に報じている。

 同紙によれば、今季からチェルシーを率いるコンテ監督は選手がケチャップ、ピザ、炭酸飲料、ブラウンソースを口にすることを禁止。練習施設の食堂からは、脂肪分や砂糖を多く含んだ軽食や菓子は姿を消すことになるという。歴代の指揮官たちが許可してきた、恒例の試合後のピザも、新監督は禁じるとのこと。

 選手たちはテーブルに置かれた塩や胡椒で自分好みの味付けにすることはできるようだが、これまで卓上にあった酢は、バルサミコ酢とオリーブオイルに替えられた。

 コンテ監督はこのほかにも、ブランチの選択肢をシリアル、卵、パスタからチキンやサラダといった軽めのものに変更している。

 イングランドでは、マンチェスターCのペップ・グアルディオラ新監督もピザやジュースを禁止。体重オーバーを避けるべく、選手に食事制限を課している。

最終更新:8月12日(金)17時45分

ISM

スポーツナビ サッカー情報