ここから本文です

大谷4タコ…日本ハム完封負け ソフトとの3差詰められず

デイリースポーツ 8月12日(金)6時3分配信

 「日本ハム0-2西武」(11日、札幌ドーム)

 九回2死一塁。一発出れば同点の場面で一ゴロに倒れると、日本ハム・大谷翔平投手は思わず天を仰いだ。「3番・指名打者」で出場し、4打数無安打。チームも3安打完封負け。「テンポもよかったと思いますし、きれいな真っすぐではないので打ちづらかった」。多和田を攻略できなかった自らの打撃を悔いた。

 これまでの2試合と同じように厳しい内角攻めに苦しんだ。

 初回1死二塁の先制機では内角直球に見逃し三振。「あそこで粘れていければよかった」と反省の言葉が口をついた。6月19日・中日戦から続いていた野手出場時の連続試合出塁も25で止まったが、「(3連戦)ずっと(内角に)きてますけど、実戦の中で内角を打つ練習をさせてもらっている。いい経験になっている」と前を向く。

 試合前には中継ぎ登板した7月24日・オリックス戦以降、初めて捕手を座らせて投球練習を行った。「もう一回、ピッチングをしないと(実戦復帰の)メドが立たない」と吉井投手コーチ。14日に再び投球練習を行い、復帰登板を決める見込みだ。

 14日からの楽天3連戦も野手で出場予定。栗山監督は「今が頑張り時。内容は悪くない」と期待を込めた。ソフトバンクとのゲーム差は3で変わらず。次戦こそ、そのバットで勝利をもたらす。

最終更新:8月12日(金)8時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]