ここから本文です

新興宗教から脱した男を襲う本当の恐怖 Huluドラマ「THE PATH ザ・パス」8月配信

映画.com 8月12日(金)17時30分配信

 [映画.com ニュース] 米人気ドラマ「ブレイキング・バッド」でブレイクしたアーロン・ポールと、同じく米ドラマ「ハンニバル」で注目を集めたヒュー・ダンシーが共演するHuluオリジナルドラマ「THE PATH ザ・パス」が、8月から配信されることが決定した。

 ドラマは、ある新興宗教団体の信者が組織の真実の姿を目の当たりにし、崩壊していく姿を描く。エディ・レーンは、妻のサラと2人の子どもとともに、新興宗教団体マイヤリスト・ムーブメントを信仰することで幸せな暮らしを送っていた。そんななか、エディは脱退した女性から団体の恐ろしい事実を告げられる。信者らは、カリスマ性に富んだ教祖カルの言葉によってマインドコントロールされていた。

 主人公のエディを演じるポールは、「この物語の核になるのは“家族”なんだ。主人公のエディはある瞬間から目を覚まし、教祖の説教を信じなくなる。だが、彼以外の家族は教祖の言葉に導かれ、信じきっている。その時彼は家族全員を失う可能性があることに気づき、恐怖に包まれるんだ」と、マインドコントロールから覚めたエディを襲う、本当の恐怖について語っている。

 一方、教祖カルに扮したダンシーは、「脚本が素晴らしかったからこのドラマに出たいと思った」と話す。そして、「どんな問題も助け合い、支え合う家族のような集団」であったはずのマイヤリスト・ムーブメントの「システムに亀裂が入る」といい、「活動を続けるかどうかの岐路に立たされるんだ」と、ストーリーの展開を明かしている。

 Huluオリジナルドラマ「THE PATH ザ・パス」(全10話)は、ポール、ダンシーとミシェル・モナハン、カイル・アレンらが共演する。8月11日からHuluで配信開始。

最終更新:8月12日(金)17時30分

映画.com